title

プロフィール

氏  名 高橋 弘毅
TAKAHASHI  Hirotaka
職  名 准教授
所  属 長岡技術科学大学大学院 工学研究科 情報・経営システム工学専攻
所  在 〒940-2188 新潟県長岡市上富岡町1603-1
E-mail hirotaka -AT- kjs.nagaokaut.ac.jp

(スパムメール対策のため、送信に際しては-AT- は@に、
また、 kjs.nagaokaut.ac.jp は半角文字に変えてください)
生年月日 1976年(昭和 51 年)7月 28日
担  当
講  義
学部:オペレーションズリサーチ、意思決定論、情報・経営数理工学II(経営数理工学II)、情報・経営システム工学実験II(経営情報システム工学実験II)、情報・経営システム工学特別研究実習(経営情報システム工学特別研究実習)

大学院修士課程:金融工学特論、品質工学特論(2015年度まで)、情報・経営システム工学セミナー、情報・経営システム工学特別実験・演習

大学院博士後期課程:計算機工学特論、情報・制御工学輪講I、情報・制御工学輪講II
専 門
宇宙物理学、一般相対性理論、重力波天文学、信号処理、数理工学(科学)
など
卒  業 1995年3月 東京都 私立 日本大学第三高等学校 卒業
1999年3月 青山学院大学 理工学部 物理学科 卒業 学士(理学)
2002年3月 新潟大学大学院 自然科学研究科 物質基礎科学専攻
          博士前期課程 修了 修士(理学)
2005年3月 新潟大学大学院 自然科学研究科 エネルギー基礎科学専攻
          博士後期課程 修了 博士(理学)
略  歴 2003年4月 京都大学 基礎物理学研究所 教務補佐員 (2004年3月まで)
2004年4月 大阪大学大学院 理学研究科 宇宙地球科学専攻 特任研究員
         (2004年9月まで)
2005年4月 大阪市立大学大学院 理学研究科 数物専攻 博士研究員
         (2005年8月まで)
2005年9月 ドイツ・マックスプランク重力物理学研究所
          (アルバート・アインシュタイン研究所)ポストドクター研究員
         (2007年8月まで)
2007年9月 長岡技術科学大学 工学部 経営情報系 助教
          長岡技術科学大学 eラーニング研究実践センター 助教(兼務)
          (2010年3月まで)
2010年4月 山梨英和大学 人間文化学部 人間文化学科 助教 (2011年3月まで)
2011年4月 山梨英和大学 人間文化学部 人間文化学科 講師(2012年3月まで)

2010年9月 東京大学 地震研究所 外来研究員 (現在まで)
2012年4月 山梨英和大学 人間文化学部 人間文化学科 准教授
     (2013年3月まで)
2013年4月 長岡技術科学大学大学院 工学研究科 経営情報系 准教授
         (2015年3月まで)
2013年4月 山梨英和大学 人間文化学部 人間文化学科 非常勤講師
          情報セキュリティ担当(2015年3月まで)
2014年5月 長岡技術科学大学 教育開発系 准教授 兼務 (2015年3月まで)

2015年4月 長岡技術科学大学大学院 工学研究科
                情報・経営システム工学専攻 准教授 (現在まで)
2015年4月 長岡技術科学大学 基盤共通教育部 准教授 兼務 (現在まで)

現在に至る
学  会 日本物理学会 会員
日本天文学会 会員
日本オペレーションズ・リサーチ学会 会員
情報処理学会 会員
日本教育工学会 会員
日本知能情報ファジィ学会 会員
コンピュータ利用教育学会 会員
グローバル人材育成教育学会 会員
電子情報通信学会 会員
計測自動制御学会 会員
山梨科学アカデミー 会員

日本物理学会 新潟支部委員会 委員(庶務担当)
(2008年9月〜2010年8月まで)
国立天文台 光赤外専門委員会 委員 (2012年7月から2016年6月まで)

山梨英和中学校・高等学校 スーパーサイエンススクール(SSH)運営指導員(現在まで)

2015 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2015), Associated editor of organized session : Science, technology, engineering and mathematics education and learning.

2016 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2016), Associated editor of organized session : Enhancing Active Learning through Computer Supported Collaborative Learning (CSCL).

2017 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2017), Associated editor of organized session :Active Learning for Science, Technology, Engineering, and Mathematics through Computer Supported Collaborative Learning System

2017 the 12th International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC2017), Committee member and Associated editor of organized session : Computer Technologies for Intelligent Systems.

受  賞 2004年5月 学術論文 H.Takahashi et al., “Toward the search for the gravitational waves from inspralling compact binaries in TAMA300 data : the data quality and stability”, Classical Quantum Gravity, Vol. 21, S697. が
イギリス IOP (Institute Of Physics) 出版発行 Classical and Quantum Gravity誌の2003-2004 年のリサーチハイライトに選出

2013年4月 公益社団法人 山梨科学アカデミー 山梨科学アカデミー奨励賞

2013年9月 Best Paper Award for the Eighth International Conference on Innovative Computing, Information and Control(ICICIC2013)

2016年3月 安全衛生優良研究室(長岡技術科学大学)

2017年8月 Best Paper Award for the 12th International Conference on Innovative Computing, Information and Control(ICICIC2017)