著書・論文・口頭発表・雑誌掲載・調査報告書等一覧


著書・論文等 :2004年2003年2002年2001年2000年1999年1998年1997年1996年1995年以前

講演・講義等 :2004年2003年2002年2001年


【最近の著書から】        
ASEANの技術開発戦略(JETRO,1998) アジアは活力を取り戻せるか?(JETRO,1998) Can Asia Recover its Vitality?(JETRO-IDE,1998)

戦前シンガポールの日本人社会‐写真と記録‐(シンガポール日本人会,1998)

情報化の進展とアジア諸国の対応(アジア経済研究所,2000)
     
インターネット時代の文字コード(共立出版,2001) 文字符号の歴史:アジア編(共立出版,2002)      

2004年

ICT Measures for Policy Development
The 3rd Asian Forum for Information Technology (AFIT), October 6-7, 2004, Bangkok

500年前の情報技術革命と活字文化(巻頭エッセイ),アジ研ワールドトレンド,2004年3月号,p.1

知識を得る者が産業を興す,長岡商工会議所会報,2004年1月号,p.8.

Information Technology Localization: The Past, Present and Future Agenda, SCALLA2004, Kathmandu, Nepal, January 5-7, 2004.(SCALLA: Sharing Capability in Localization and Human Language Technologies)

2003年

日本のエレクトロニクス製品の競争力,電機総研,2003年11月.
概要版はこちら

ノーベル賞と日本企業の技術力,電機総研リポート,第284号,2003年4月16日,pp.9-11.

The Industrial Instruments of Scientific Success, Look Japan Vol.49 No.565, April 2003, pp.24-25.

2002年

Izumi SUZUKI, Yoshiki MIKAMI, Ario OHSATO, Yoshihide CHUBACHI, A Language and Character Set Determination Method Based on N-gram Statistics, ACM Transactions on Asian Language Information Processing, Vol. 1, No.3, September 2002, Pages 270-279.

Distance Learning and Web-Based Learning in Technical Education: A Case at Nagaoka University of Technology, Japan-Thailand Bilateral Symposium 2002 on Higher Education and Research Organization, June 2002, Nagaoka Japan, pp.41-46.

文字符号の歴史−アジア編、共立出版、2002年3月20日
漢字,ハングル,インド系文字(デーヴァナーガリ,タイ,チベット他),アラビア文字,蒙古文字,アルファベットなど,アジアの多様な文字について,文字の成り立ちとしくみ,国語・文字政策,国語情報処理,および文字符号の形成の過程を,初期の活字印刷,電信符号や機械式タイプライターの時代から説き起こして歴史的に記述する。アジアの公用語で使用される25種類余りの文字系のほとんどをカバーしており,各文字の例文,文字表,活字見本,文字符号表,代表的な鍵盤配列など,合計250点を超える図版類でわかりやすく図解する。

この本が大川出版賞を受賞しました。

2001年

技術大国インドの研究:中編
長岡技術科学大学研究報告、23. ‐(2001)、2001年12月
HTML文書

(評論)言語・文字・情報技術
INTAPジャーナル、No.60、2001年8月15日

「bit 別冊2001年4月 インターネット時代の文字コード」
小林龍生・安岡孝一・戸村 哲・三上喜貴 編
( 共立出版 )

 

2000年

東南アジアに見るデジタル・ディバイド
情報の科学と技術、Vol.50 No.12. 588-593 (2000)、2000年12月
HTML文書

言語間デジタルディバイド
長岡技術科学大学言語・人文科学論集、14. 83‐94(2000)、2000年12月
HTML文書

技術大国インドの研究:前編
長岡技術科学大学研究報告、22. 53‐76(2000)、2000年12月
HTML文書

Distance Learning and Web Based Learning in Technical Education: A Case at Nagaoka University of Technology, Japan
The First Saudi Technical Conference and Exhibition, Riyadh, Saudi Arabia, 18-22 November 2000.
Power PointスライドWord文書

科学技術関連条約等データベースの構築
研究・技術計画学会第15回年次学術大会講演要旨集、p.446-449.
2000年10月21日-22日、東京
http://kjs.nagaokaut.ac.jp/conventions/frame.htm

Factors behind Digital Divide(口頭発表)
UNU-IAS International Workshop on Electronic Commerce, Tokyo, June
Power PointスライドWebsite

情報化の進展とアジア諸国の対応(共著)
アジア経済研究所刊、2000年3月
詳しい目次はこちら

遠隔授業実験システムに関する一考察:多地点遠隔授業実験結果をふまえて:(共著)
プロジェクトマネージメント学会(SPM)学術発表会、2000年3月、千葉
Word文書

 

1999年

インターネットとISDN回線を利用した遠隔授業実験(共著)
日本ディスタンスラーニング学会(JDLA)学術講演会、1999年12月、東京
Word文書

結合音節文字の符号化方式の分類
長岡技術科学大学言語・人文科学論集、13. 1-38 (1999)

Japanese Industrial Development and the Role of the State: A Short History
長岡技術科学大学研究報告、21, 149-166 (1999)

"IT Education, its Evaluation"
13th Asian Forum for the Standardization of Information Technology (13th AFSIT)
October 29-30, 1999. Yangon, Myanmar

イコール・ランゲージ・オポチュニティー
"Equal Language Opportunity"
「通産ジャーナル」、32/8, 34-37(1999)
HTML文書

結合音節文字の符号化方式の分類
Classification of Character Coding Models for Combining Syllabics
(財)国際情報化協力センター、国際規格共同開発調査「多言語情報処理環境技術」成果報告書(通産省工業技術院委託調査)、1999年3月、81-106頁

計量文献学的手法とは?
(財)政策科学研究所、「研究開発プロジェクトの評価手法に関する調査」成果報告書(通産省工業技術院委託調査)、1999年3月、199-235頁

アジアにおけるEC
Electronic Commerce in Asia
(財)地球産業文化研究所、アジア太平洋地域の情報化が産業に与えるインパクト研究委員会報告書、1999年6月、18-29頁

 

1998年

ASEANの技術開発戦略(共著)
Technology Policy of ASEAN Countries
日本貿易振興会(JETRO)刊、1998年7月
詳しい目次はこちら

アジアは活力を取り戻せるか(共著)
日本貿易振興会(JETRO)刊、1998年7月

Can Asia Recover its Vitality?(共著)
Institute of Developing Economies、1998年7月

規制緩和とイノベーション:情報通信技術の活用を中心に
Deregulation and Innovation
一橋大学産業経営研究所「ビジネスレビュー」(Business Review) 45/4, 31-41(1998)

東アジアの産業技術開発政策の動向
Industrial Technology Policy Trends in East Asia: China, Korea and Taiwan
「JETRO技術情報」(JETRO Technology Bulletin)、/383, 1-36(1998)

The Seeds of Invention: New Trends in Japanese Technology Policy
LOOK JAPAN, 44/510, 4-8(1998)

民間ベース技術研修の波及効果試論
An Analysis on the Spin-off Effect of Non-governmental Technical Training Programs
「研修」、NO.280, 9-13(1998)

経済危機下のアジア各国における科学技術政策の動向
Recent Trends of Science and Technology Policy in ASEAN
研究・技術計画学会第13回年次学術大会、203‐207(1998)

APEC地域における研究者交流の実態
Mobility of Researchers among APEC Economies
研究・技術計画学会第13回年次学術大会、203‐207(1998)

アジア留学生の長期動態:その留学国選択
Long-term Trends of Asian Students Who Study Abroad: Which countries do they choose to study in?
長岡技術科学大学研究報告 20, 111-117(1998)

海外調査報告−ミャンマー語情報処理の現状
Maynamar Language Processing
(財)国際情報化協力センター、国際規格共同開発調査「多言語情報処理環境技術」成果報告書(通産省工業技術院委託調査)、1998年3月

戦前シンガポールの日本人社会―写真と記録―
Prewar Japanese Community in Singapore - Picture and Record -
シンガポール日本人会発行、1998年6月
戦前シンガポールにあった日本人社会を記録する貴重な写真や資料をまとめたものです。シンガポール日本人会の史跡史料部が中心となってまとめました。写真、史料は多くの方からご寄贈いただいたものです。シンガポール日本人会ないし日本シンガポール協会にて入手することができます。現在のところ、一般の図書流通には乗っていません。

 

1997年

インドソフトウェア産業訪問記
Software Industry in India
「国際情報化協力」, /6 1-27(1997)

カンボジアの情報処理事情
「国際情報化協力」, /6 28-34(1997)

オマーンの情報処理事情
「国際情報化協力」, /6 34-46(1997)

モンゴルのコンピュータ事情
「国際情報化協力」, /6 47-54(1997)

シンガポールの通信産業
「国際情報化協力」, /7 1-33(1997)

ベトナムのコンピュータ事情
「国際情報化協力」, /7 34-47(1997)

ミャンマーの情報処理事情
「国際情報化協力」, /7 48-64(1997)

アジア地域における自然言語情報処理の動向
「国際情報化協力」, /7 65-71(1997)

 

1996年

Natural Language Processing in Asian Countries
10th Asian Forum for Standardization of Information Technology(AFSIT)
October 29-30, 1996, Chejudo Korea

Various Issues on Cross Cultural Technology Transfer
APEC/HRD Seminar on Cross Cultural Technology Management
October 21-22, 1996, Tokyo Japan

アジアにおけるノーベル賞「マグサイサイ賞」
Ramon Magsaysay Award: The Nobel Prise in Asia
「通産ジャーナル」(MITI Journal) 29/12, 68-71

アジアにおけるパソコン生産の構造と動向
Asian Computer Industry: Its Structure and Recent Trends
「電子工業月報」 /409,17-28

 

1995年以前

新世代の映像メディアをリードするHDTV
「通産ジャーナル」(MITI Journal) 23/7, 42-44

Policy Issues in Japanese OSI Initiative
5th International Conference on the Application of Standards for OSI
March 7-9,1989, Tokyo Japan

1992年欧州市場統合と情報技術標準化
The Emergence of European Common Market and its Impact on Information technology Standardization
「標準化ジャーナル」 /19,63-72、 1989年

Japanese Experience on Information Technology Standardization and Challenges for Asia
2nd Asian Forum for Standardizaton of Information Technology(AFSIT)
March 10,1989, Tokyo Japan

アジアの言語・文字と情報技術標準化
Informaion Technology Standrads and the Diversiy of Languages and Scripts in Asia
「情報の科学と技術」 39/8,287-295 1989年

米国連邦情報処理規格(FIPS)について
「利用研だより」 No.39、1989年

国の技術を活かせ:先端技術活用事例(共著)
日刊工業新聞社 1989年

国有特許の管理と普及:その日米比較(共著)
Management of Government Owned Patents: U.S.-Japan Comaparatve Study
「化学と工業」 41/9,806-809 1988年

U.S.-Japan Relation: A Surprising Partnership(共著)
Transaction Books, New Brunswick USA 1987年

米国連邦政府の技術移転政策とライセンシング活動
「JITAニュース」 /2.4-10 1986年

米国科学技術事情(連載4回)
「工業技術」 27/9,50-53 1986年

図説日本の産業(共著)
財経詳報社 1983年

日本の未来像:10年後のシナリオ(共著)
東洋経済新報社 1979年

産業構造の変動をもたらすもの
統計」 1978年2月

3つの季節調整方法の構造比較:センサス局法、EPA法、MITI法
「通産統計研究」 5/1,31-47 1977年

指数算式をめぐる諸問題:率指数の算式問題
「通産統計研究」 5/3-4,43-67 1977年


講演・講義等

2004年

インターネット上で世界の言葉を探す「言語天文台」の試み,長岡市超高速アクセスネットワーク実証実験推進協議会,長岡,2004年5月26日

社会技術研究システム公募型プログラム 研究領域「社会システム/社会技術論」第1回シンポジウム,東京全国町村会館,2004年5月15日

(招待講演)言語天文台プロジェクト,第16回ことば工学研究会,長岡,2004年3月20日

言語間デジタルデバイドの解消を目指した天文台の創設,第6回社会技術研究フォーラム,東京ARKフォーラム,2004年3月13日

History of Information Technology Localization: The Past, Present and Future Agenda, The First Language Observatory Workshop (FLOWS), Nagaoka, February 20-21 2004

Language Observatory Project, SCALLA 2004 (Sharing Capability in Localisation and Human Language Technologies), Kathmandu Nepal, January 5-7, 2004

2003年

アジア諸国の情報技術パーク構想〜MSC計画評価の視点〜
第3回イスラムとIT国際会議、早稲田大学国際会議場、東京、2003年11月1日〜11月2日

「機械工学特別講義II」
九州工業大学情報工学部、2003年9月22日から23日(非常勤講師)

「中国の活力に学ぶ」
電機連合四国地域労使懇談会講演会、2003年5月23日

2002年

「世界の文字コード開発」(デイリー自民の記事
自由民主党電気通信調査会、2002年11月27日、自由民主党本部

「機械工学特別講義II」
九州工業大学情報工学部、2002年9月20日から22日(非常勤講師)

「アジアと日本−−競争と協調−−」
日本塑性加工学会北関東支部公開講演会、2002年4月24日、三菱マテリアル総合研究所、さいたま市

「アジアの科学技術人材と日本」
第3回産総研・技術情報セミナー、2002年3月27日、産業技術総合研究所、筑波

「アジアの文字符号」
京都大学大型計算機センター第69回セミナー、2002年3月22日、京都大学

"Science and Technology in India"
日印大学間IT技術者交流セミナー、2002年3月15日、長岡技大、化学系大学院講義室

「アジアの文字コード標準化の動向」
情報処理学会第64回全国大会、2002年3月13日、東京電機大学鳩山キャンパス

"Introduction to National R & D Systems in Asia-Pacific"
JICA Seminar on Evaluation of National R&D Projects, Feb 1,  2002, TOKYO

Asia-Pacific Professional Meeting on B2C Legal Framework for E-Commerce
January 22, 2002, Cyberjaya Lodge Resort, Malaysia
Co-chairperson of the meeting, Meeting Report PDF

 

2001年

「アジアの研究開発人材」
第三回科学技術政策セミナー、政策研究大学院大学(GRIPS)、2001年12月17日

"History of Industrial Policy in Japan"
December 7, 2001, Program for Overseas Fellows
at Institute for Development Economies Advanced School (IDEAS) (アジア経済研究所開発スクール)

"Factors behind Digital Divide: Income and ..."
at Open Seminar: "Equal Language Opportunity in Cyber Space"
by Special Regional Interest Group on Multilingual Computing (SRIG-MLC), November 26, 2001, Auckland, New Zealand
SEARCC2001(South East Asia Regional Computer Confederation)

Co-chairman of the round table discussion
The Seminar on Enhancement of International Standardization Activities in Asia Pacific Region (SEISA AP/IT)
November 5-9, 2001, Soaltee Crowne Plaza Hotel, Kathmandu

15th Asian Forum for Standardization of Information(AFSIT 15)
November 5-9, 2001, Soaltee Crowne Plaza Hotel, Kathmandu

"Web Based Assistance for Faculty Development in Engineering Education"
International Conference on Information Technology Based Education and Training (ITHET)
July 4-6, 2002, KKR Hotel Kumamoto, Kumamoto

「電子商取引社会の諸問題」
筑波大学大学院経営・政策科学研究科特別講義、2001年3月9−10日、筑波大学

"Information Technology and National Development"
CICC, March 6, 2001, Tokyo

"Introduction to National R & D Systems in Asia-Pacific"
JICA Seminar on Evaluation of National R&D Projects, Feb 13 - Mar 18 2001, TOKYO

「アジアにおける電子政府」
長岡市マルチメディア研究会、2001年2月21日、長岡市

「アジアにおける電子政府」
柏崎情報開発センターIT講演会シリーズ、2001年2月19日、柏崎市

 

2000年

Preparing Asia for Digital Economy
at Institute for Advanced Studies, United Nations University (UNU)

1997年

Implementing National Certification Systems - Japanese Experience: A Government-led Initiative
The 2nd IT Professionals' Congress, February 27, 1997, The Peninsula Hotel Manila, Philippines


last updated 2004/12/16    |    ヒット カウンタ since 2001/12/11